« 地球暦2009年5月3日よくやった!!関東馬マイネルキッツ!!関東騎手松岡!! | トップページ | 地球暦2009年5月5日基本的にはタフな《ニーチェ勢力筆頭》だが、、 »

地球暦2009年5月4日ついに再開!!英米哲学の批判的研究!!

まずは現代USA哲学の代表【ローティ】から始めるか、、、

リチャード・ローティの事績については各自調べるように!!

ここでは当然、ローティ哲学の問題点と思われるものをテーマとする!

まぁ、まず真っ先に挙げられる「問題点」は、その『哲学史』観であろう!
最初の主著である『哲学と自然の鏡』に、その哲学史観が披露されている。

次なる問題点は、ローティのその「エスノセントリズム」である!
この「エスノセントリズム」という用語の元々の意味は、「自民族中心主義・自文化中心主義」とかで、文化人類学・社会学辺りからの用語らしい、、アドルノの名前も出てくる!!
サムナーの用法:各自調査或いは後で

ローティの場合は、彼の哲学的立脚点・境位であり、特に、「相対主義」とは異なるとするのが重要である!!

ローティ的には、大体以下の意味↓
「何が真であるか、何が合理的であるかについて語るとき、それぞれの社会のそれぞれの探究領域で通常どのような正当化の手続きがとられているかということ以上には何も語られるべきでない」(引用)という考え方だそーだ!

この二つがローティ哲学の屋台骨ともいえ極めて重要である!!

まずは、この二つの批判的検討から始めるとするか、、

続く

-----------------
sent from W-ZERO3

|

« 地球暦2009年5月3日よくやった!!関東馬マイネルキッツ!!関東騎手松岡!! | トップページ | 地球暦2009年5月5日基本的にはタフな《ニーチェ勢力筆頭》だが、、 »

哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球暦2009年5月4日ついに再開!!英米哲学の批判的研究!!:

« 地球暦2009年5月3日よくやった!!関東馬マイネルキッツ!!関東騎手松岡!! | トップページ | 地球暦2009年5月5日基本的にはタフな《ニーチェ勢力筆頭》だが、、 »