« 地球暦2009年5月14日 | トップページ | 地球暦2009年5月16日ついに、【無限論】の新たな一歩が始まる!?はず、、 »

地球暦2009年5月15日閑話休題!だが、次に来る記事は凄いぞー!!!

☆常に世界最高峰のブログ足らんとする世界的・歴史的・画期的PCS研究所を凄いと思うでしょ?!!☆

助手:今回だって「凄い」でしょ!?

《ニーチェ勢力筆頭》哲学者:もちろん!!

あるゲームシステムのある局面で、ほとんどすべての高段者がAという着手を指した!あるいはB!
このどちらかしかない、と言い切った!!
しかし、世界チャンピオンは敢然と全く違う着手Vを指した!!!
「V」を指したのは世界チャンピオン唯一人!!!

さぁー君は高段者のほとんどが指した着手A・Bが最善手と思うか、それとも世界チャンピオン唯一人が指した「V」が最善手と考えるか、さぁーどうか、良く考えてみよー!!

そして、この例は如何なることを指しているか考えてみよ!!

これを「競馬システム」に当てはめるとどーなるか?!

哲学者に当てはめると、、

最重要システム・ゲームシステム!!
ヴィトゲンシュタイン一派!?のようにルールがゲームシステムの主眼ではない!!
ルールは、ゲーム内存在にとって「身体」と同じ!!
問題は、主眼は、【遂行】にある!!!
質の高い遂行!!!

19世紀USAの大天才・ポール・モーフィー
ルイ・ロペス定跡における、黒の三手目a6!!!
ポール・モーフィ以外は成し得なかった!!!
一見、見栄えのしない、リアクションだけの着手に見えるが、、
この後、数手後に黒の素晴らしい反撃手が繰り出されるが、そのためにa6は絶対に必要な着手であった、、、

さぁー次回の予定記事は、カントールの対角線論法の詳細検討の結果、「無限」についての新しい知見が開眼される!!!
な、なんと「無限論」はある意味、アリストテレス以来約二千年間一歩も進歩していなかったといえる!!

実無限と可能的無限、、

今また、世界的・歴史的・画期的業績!!!

乞うご期待!!

大月教授・助手:楽しみですね~、楽しみじゃー

助手:でも、土曜日は競馬では?!

大月教授:わしも競馬場に行きたい~~

↓前の下書きが残っていた、、

一元論でも、二元論でもない、統一的多元論・多元的統一論!!
すなわち、それは必然的にゲームシステムとなる。

-----------------
sent from W-ZERO3

|

« 地球暦2009年5月14日 | トップページ | 地球暦2009年5月16日ついに、【無限論】の新たな一歩が始まる!?はず、、 »

哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球暦2009年5月15日閑話休題!だが、次に来る記事は凄いぞー!!!:

« 地球暦2009年5月14日 | トップページ | 地球暦2009年5月16日ついに、【無限論】の新たな一歩が始まる!?はず、、 »