« 2014年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2014年7月

ワールドカップ総括総特集をやる時!ゲームシステムとは相手がいるんだ!馬鹿どもが!

<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/10/5e/1abd8203e51825088a5327068e986ccc.jpg" border="0">
※地球暦2014.7.11コスタリカ超美人はワールドカップ戴冠決定!!手に入れたいのは言うまでもない(^o^)/※
我が祖国ドイツ、、サッカー本流伝統に基づく「戦略システム」サッカー!!
USA(アメリカ)だけではない!!
だからドイツは数倍も強いのだ!!
馬鹿どもが!!
史上空前のサッカー高度レベルとチーム完成度・成熟度の前にメッシ(スーパーエースとはいえ一人では)中心のチーム力では我がドイツの敵ではない!!
それが解らない馬鹿ども!!
すでに2010時点でそれを見せつけているのだが、、、
決勝では完膚なきまでにアルゼンチンを叩き潰せ、ブラジルのように、、我が祖国ドイツ!!
日本は言われている程、悪いゲームを行っているわけではないが、大体が60点プレイ、、、
今はダービースタリオンよりワールドカップ!!
《ニーチェ勢力筆頭》は学問界のデューク・東郷ことゴルゴ13!!
篠崎愛ちゃんの巨乳をしゃぶりたい(^3^)-☆chu!!
書くこと山程、、
続く、、、
哲学プレイヤーなので
政略(大局)>戦略>戦術
大体
戦略以上を叙述する!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジルはあんなもの!我が祖国ドイツサッカーのレベルと完成度の高さを見よ!アルゼンチンなど鎧袖一触

<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/75/61/c02116e36b2dabbe2ac000eb47c18dc5.jpg" border="0">
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/49/7ea010a1515ef29a01af8bac4ded7786.jpg">
※写真は2年前の渡辺麻友(まゆゆ)ちゃん(ヤンマガより)必死に各国の美人サポーターを探したのだが、眠いし、記事は消しちゃうしで面倒くさくなり、まゆゆ登場です、、やっぱ指原なんてーブスが一位ではいけません、絶対に でも、やっぱりコスタリカ超美人がいいなぁ~この超いい女は間違いなくワールドカップ!!手に入れたい※
ダービースタリオンよりワールドカップ!!
≪ニーチェ勢力筆頭≫は学問界のデューク・東郷ことゴルゴ13!!
篠崎愛ちゃんのおっぱいをしゃぶりたい
前述のように記事は消してしまうしで気力なし、、眠い、、
アルゼンチンなど
あれ程までのサッカーレベル・完成度に達している「我が祖国」ドイツの敵ではない
決勝はゆめゆめ油断することなく<font color="orange"><font size="6">、自分たちのサッカーが出来れば(実は出来なくとも!!?)笑</font></font>我が祖国ドイツの4度目のワールドカップは間違いない{/ee_2/}
オランダも決勝トーナメント入っての戦い振りは精彩を欠くからまlllllllllllっ、PK以外での勝利は考えにくかったし、アルゼンチンもメッシ次第だし、、イグアインが調子上げてきてるけどね、今度はディマリアが欠場、、
いずれにせよ、どっちが出てきても、仮にオランダだったとしても<font color="red"><font size="7">我が祖国ドイツの優勢は動かし難い!!</font></font>
書くこと山程、、
3位決定戦前、いや決勝前までにワールドカップ総括総特集をやる予定!!
20世紀後半より全地球規模で最重要になるスポーツゲームシステム、特にサッカー、、、
続く、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルゼンチンしたたかな勝利でベスト4!!、さぁーいよいよオランダvsコスタリカ延長PK突入!!

<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6b/09/1195ffcaf641df433d27d8e8e0b0150d.jpg" border="0">
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6b/09/1195ffcaf641df433d27d8e8e0b0150d.jpg">
※写真は一緒に入場する少女を思いっ切り抱きしめるダニエウ アウベス(NHKより ブラジルvsメキシコ)いいなぁいいなぁ この抱擁の前に何やら二人は話してましたが、多分、可愛い少女のその言を受けての熱い抱擁でした  その後、後ろのネイマールも刺激を受け同じく同伴少女を抱擁してました  それでいいのだ コスタリカ超美人を抱擁したい※
オランダvsコスタリカ
キーパー・ナバスいいわ!!!
やっぱ
金田と小倉じゃー物足りないなぁ、、
松木と名波、そしてセルジオさんじゃないと面白くないなぁ~~
コスタリカは延長まで持ち込めばひょっとして、、、
まlllっっ、後半からが本当の勝負!!
本当の地力があるかどうかの勝負になる!!
どーなるか、、、
約リアルタイムブログ、、、、
ついに延長突入で、コスタリカ一発決まれば、、ひょっとするとひょっと、、、
ただコスタリカって後半シュート打ってないんでないかい!??
そしたら90分で3本だって、、、
PK合戦はオランダ4-3コスタリカでオランダの準決勝進出決定!!
さて、準決勝semi finalは奇しくも2戦とも南米vsヨーロッパ、、
どーなることやら、、
以下はポイント稼ぎのため
《ニーチェ勢力筆頭》はデューク・東郷ことゴルゴ13!!
巨乳の篠崎愛ちゃんのおっぱいをしゃぶりたい(^3^)-☆chu!!
いまはダービースタリオンよりワールドカップ!!
以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに独仏大決戦!!ワールドカップ準々決勝第一試合!!

<a href="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0d/10/3a051219f5d58d9121d6479697eb3e7c.jpg" border="0"><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/thumbnail/0d/10/3a051219f5d58d9121d6479697eb3e7c_s.jpg" border="0"></a>
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/4d/a66592c72236b7a4081b13996acbd821.jpg">
※写真は明るい美人の三人組USAサポーター(サッカー動画サイトより)コスタリカ超イイ女美人を手に入れたい!!※
以下はポイント稼ぎのため
《ニーチェ勢力筆頭》はデューク・東郷ことゴルゴ13!!
巨乳の篠崎愛ちゃんのおっぱいをしゃぶりたい(^3^)-☆chu!!
いまはダービースタリオンよりワールドカップ!!
以上!
【USAアメリカサッカーの課題】
寧ろ問題なのは中盤の構成力なのであり、実は「攻め」に関しては左程問題ではない!!特に前線・ゴール前のプレイアクションはかなりの研究がされていて、どのようなプレイアクションのコンビネーションがゴールに結び付くかを相当研究しているハズ!!
それをボディ・身体に落とし込む、刷り込むための練習を相当しているに違いない!!
どこかの国のように中途半端プレイではない!!
プレイ振りが非常に鮮明はっきりしてみえるので、常に全力投球!?!にみえる!!
これが感動、感銘をよぶ所以である!!
グリーンのゴールゲットはその典型!!見事なゴールである!!
中盤ブラッドリーからディフェンスラインちょい裏へふわっとしたシュート打ち易いボールを上げる!!
グリーンが巧くラインを抜け
ラインの抜け方もそんなにスピードをあげてという感じでなく、まさに巧く抜けるという表現がピッタリの抜け方{/ee_2/}
ふわっとしたパスに何気なくするっと抜ける抜き!!
これが合わないわけがない!!
グリーンがトゥ(つま先)に当て、キーパー・クルトワの手を掠ったが、ゴ~~~ル{/soccer/}
(ところが、実際は逆であった!!寧ろ、グリーンが先に抜け出しを図り、それに合わせてブッラドリーがふわっとダマをパスしたんだ{/face_maji/}しかし、自分の印象は先の通りだし、それだからといって本質は何も変わらないし、かえってUSAアメリカの努力の賜物感が出るでしょ{/face_zzz/})
さすがプラグマティズムの国{/hiyo_en2/}徹底した機能性の追求!!
あんなゴールどこかの国では決して見たことない!!
基本に忠実で、派手な動きなど少しもしてないけれどfantastic GOAL~~~{/soccer/}(BBCのアナウンサーがそー言っていた、実際そーだし 別の局はブラボー!!)
メッシやロナウドのようなスーパースターが決める物凄いゴールではないが、ゲームシステムをよく研究したものが出せる見事なコンビネーションプレイゴールといえる{/face2_happy_s/}
このようにサッカーに取り組めば向上進歩がみられるのに、、8年前に逆戻りとは、、、
我が祖国ドイツは勝つ!!
サッカーゲームシステムからの考察をしていきたい!!
もう疲れているので
続く、続く、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の前の静けさ、、だがその前に言うこと山程!!日本はUSAを手本とすべき!!激闘W杯

<a href="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3f/70/131aa575f9bc9fefe40d349ce2be116b.jpg" border="0"><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/thumbnail/3f/70/131aa575f9bc9fefe40d349ce2be116b_s.jpg" border="0"></a>
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/60/19/047fa9f59fe8107e6bc0504df70d2ad0.jpg">
※写真はセレブそうな美人USA(アメリカ)サポーター(サッカー動画サイトより ベルギー対USA)もちろんやりたい{/face_maji/}あと例の超イイ女コスタリカ美人ね{/face_heart/}※
あんまり『とんねるず』が面白かったのでアップ遅れに完全に下書き状態
以下はポイント稼ぎのため
《ニーチェ勢力筆頭》はデューク・東郷ことゴルゴ13!!
巨乳の篠崎愛ちゃんのおっぱいをしゃぶりたい(^3^)-☆chu!!
いまはダービースタリオンよりワールドカップ!!
以上!
【楽しみベスト8激突までの束の間お休み】
嵐の前の静けさ、、ベスト8激突quarter final前に言うこと山程 
2014ブラジルワールドカップ雑感、、その他、、
前回2010南アフリカワールドカップ間違い優勝のスペイン
結果的に優勝してしまったので初級者とか素人、いや中級の中レベルまでの奴らがスペインは相当強かったと勘違いするかもしれないが、はっきり言って負けた初戦(スイス戦)以外はあまり試合内容が良くなく、単なるダメ合戦でダメじゃないほうが上がっていったとゆー感じ、、、
とてもチャンピオンと呼べるよーなチームではなかった!!
バカ議員・野々村竜太郎他(もちろんバカ安倍も)を産み出した「愚民主主義」!!
デカダンス的(<del>破壊的</del>破滅的)ニヒリズムはアジアに於いてこそ尖鋭化する!!
ポル・ポト、北朝鮮
しかし、日本も例外ではないのだ!!
坂上忍のマトモな論評

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報!!??新の優勝候補USA敗れる、、、ついにベスト8が出揃う!!熱闘W杯

<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/67/0a/df35d8a2f3fd4114c99b9fef3f3010cb.jpg" border="0">
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/29/3a/aeed4486341dd04e183d9b59e4eb8a3e.jpg">
※写真は典型的なアルジェリア美人(サッカー動画より フランス対アルジェリア)やりたい( ̄―+ ̄)助手:先生にとって世界各地の美女とエロエロイイことするのも重要な哲学実践なんですよ{/m_0216/}《ニーチェ勢力筆頭》:畜生めー、世界各地の美女が集まるブラジルワールドカップは絶好の機会なのに、、、ロケーション的にも最高なんだが、、、助手:次回はロシアですが、どうしますか{/m_0159/} 《ニーチェ勢力筆頭》:ロシアか、、ロシア美女もいいが、、そうだ{/ee_2/}2年後のリオデジャネイロ五輪があるじゃないか{/face_yaho/}助手+《ニーチェ勢力筆頭》:それだ{/hiyo_please/}エイエイオーやるぞ~{/roket/}
そして例によって超イイ女のコスタリカ美人{/heart/}{/heart_pink/}{/heart_orange/}必ず頂くマス{/ichigo/}{/apples/}※
以下はポイント稼ぎのため
《ニーチェ勢力筆頭》はデューク・東郷ことゴルゴ13!!
巨乳の篠崎愛ちゃんのおっぱいをしゃぶりたい(^3^)-☆chu!!
いまはダービースタリオンよりワールドカップ!!
以上!
【素晴らしきUSAサッカー!!感動・エンターテイメントNo.1ワールドチャンピオン】
眠いので詳しい試合戦評は後にするが、、、
この一戦においてもUSAサッカーは素晴らしい試合を演出してくれた!!
何故、USA(アメリカ)の試合は観る者に多くの感動と素晴らしさを与えるのか、どこかの国のサッカーと違って、、
多くのコメント、スレッドで称賛の嵐である、、
その一端を少し示そう 哲学プレイヤーらしく 哲学レベルより論じよう バカ産経新聞及びプロパガンダ『夕刊フジ』は叩く!!
実はUSAサッカーというのは作戦プラン通りに「戦略システム」を忠実に実行しているにすぎない!!
しかし、それこそが「感動」と「素晴らしさ」を産み出す最大の要因なのだ{/kirakira/}
誰でもやろうとすれば出来ることを忠実にやり遂げること、これである!!どこかの国のようにサッカーを舐めたような勘違いは一切ない!!⇒USAのディフェンスは充分合格である!!
サッカーゲームシステムとは何か、その本質とは何かが研究されている!!
キーパー・ハワードを中心とした素晴らしいディフェンス{/ee_2/}称賛に値する!!
対ベルギーにおいては作戦プラン通りに「戦略システム」を実行していた!!勘違いスレッドで一方的試合のような論評があったが、そのように見えた奴はまだまだサッカー中級レベル、、
しかし、同時にUSAサッカーの課題もみえたが、、ディフェンスは100点合格(90分抑えたのだから当然の採点)だが、問題はオフェンス・攻撃だ!!
しかし、実は攻撃こそはどの国だって問題なのだ!!ましてやディフェンスレベルとの関係を考えれば尚更だ!!
ファンタスティック4(スイス戦は3だったが、、)と言われていても メッシがいても 1点取るのは大変なのだ!!
眠いので寝る{/z1/}
最後のセットプレイは決まったかと思った、決めて欲しかった、、、{/face_cry/}
見事なサインプレーで、デンプシーが飛び出して決まったかと思ったが、、
因みに解説の松木も名波も思いっ切り蹴るだろうと大外れ予想をしていただけに、、
あんなサインプレーみたことない{/ee_2/}少なくともこけたミュラー・ドイツとは大違い、、
クリンスマンよ、グリーンを入れるならもっと早く入れろよ!!せめて延長の初めからだ、、
ベルギーは初めに入れたルカクの活躍で勝ったようなもの、、
眠いので寝る{/z2/}
寝る前にこれだけは言わねば、、
どこかの国が手本とするべきサッカーはメキシコでもチリでもない!!
USAである{/ee_2/}(助手:やはり属国なのか{/face2_lose_s/})

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに新の優勝候補USA登場!!その前にアルヘンチーナ対シュヴァイツ!!まっいずれにせよメッシ次第の試合

<a href="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2f/b8/e4365e1097ae611aa615d1ff1b2895fb.jpg" border="0"><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/thumbnail/2f/b8/e4365e1097ae611aa615d1ff1b2895fb_s.jpg" border="0"></a>
<img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/80/9d626927ff1d7991308a21a35675f04f.jpg">
※写真は普通レベルのドイツ女サポーター まっ、口に手を当てているのが可愛らしいかな{/hiyos/}それにしても何度見ても飽きることがないコスタリカ超美人{/face_heart/}この超イイ女を手に入れるためコスタリカ遠征も持さずだ!!この超イイ女に関する情報を求む!!※
以下はポイント稼ぎのため《ニーチェ勢力筆頭》はデューク・東郷ことゴルゴ13!!
巨乳の篠崎愛ちゃんのおっぱいをしゃぶりたい(^3^)-☆chu!!
いまはダービースタリオンよりワールドカップ!!
以上!
ラウンド16で唯一の南米対ヨーロッパ対決のアルゼンチンvsスイス!!
アルゼンチンはメッシ次第だが、メッシさえ活躍できれば何とかなるんだが、、しかし、逆にいえばメッシを抑えられるとか
活躍前にヤバい状況になるとやばし、、、
一方、スイスはというと
まっ
シャキリはまだまだメッシ級じゃないしね、、取り合えず当たり前ながらガッチリ守備を固めてだな、、、
因みに
アルゼンチンはメッシを加えて「ファンタスティック4」と呼ばれる連中がいるが、今までメッシ以外は大して活躍していない、、、
しかし、「悪魔面のディマリア」は毎試合動きだけはいいんで展開次第では出番あるか、、、それが最後に活きてきたが、、、
アレグロなんかは寧ろ守備で目立っていたぞ!しかもこの試合は負傷で出てないじゃないか!
そして
いい男なんだけど影の薄いイグアイン、、、
試合は予想通りの展開で
延長まで突入で、PK戦寸前でやはり、スーパーエース・メッシから動きだけは超一流のディマリアのゴールで決定だったけど、、
その直後のスイスのセットプレーは惜しかったな、、、
まっ
延長のプレーぶりを見る限り、我が祖国ドイツのほうがアルゼンチンより上だな!!!
なんてたってドイツは無尽蔵のスタミナがある!!
まっ
この両チームが当るのは決勝以外にはないんで、それはないであろう!!
何故なら我らがUSAがアルゼンチンを打ち破るであろうから!!
さぁー
いよいよUSAの出番だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2018年9月 »